夏は五臓のうちの“心”(しん)の季節
夏に多い症状

>>夏バテ >>食欲不振 >>アトピー・皮膚疾患 >>頭痛
夏に多い症状
夏バテ
夏ばては、暑さでかく汗と一緒にエネルギーやミネラルといった元気成分が流れ出てしまうことや、冷たい飲食物により胃腸が弱まり、 栄養が吸収できにくくなることなどが原因となります。
また、冷房で体表面のみ冷して汗腺を閉じてしまい、体の芯部に熱を閉じ込めてしまうことも原因の1つです。
そこで、夏ばて予防の漢方薬で注目をあつめている『麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)』ご存知でしょうか。 この麦味参顆粒は、心肺機能を強くして疲労回復に効果のあるお薬です。
夏のゴルフに要注意!!
汗をかいて水分が抜けると血液がドロドロになりやすい。更に休憩においしいビールを飲むと、利尿効果でさらに水分がなくなってしまう。
ゴルフのプレー中に脳卒中が多い原因がこれです。プレー前に麦味参顆粒の服用で、こんな危険を回避しましょう。

心肺機能が強化するために、マラソン選手が高地トレーニングをしますよね。 疲れにくい体を作るには、心肺の強化が大切。ビタミン剤では不満の方も多いのでは。
スポーツをする方、持久力がない方、疲れを取りたい方、お気軽にご相談ください。
麦味参顆粒
麦味参顆粒
夏によく使われる漢方薬
・夏バテ:麦味参顆粒やレオピンファイブ、人参牛黄など
・汗かき:麦味参顆粒、衛益顆粒
・食欲不振:補中益気湯や六君子湯、補全Sなど
・血液ドロドロの予防:冠元顆粒・麦味参顆粒、松寿仙など
・アトピー、皮膚炎:涼血清営顆粒、晶三仙、ヒノキAPクリーム、漢方入浴剤など
・夏カゼ、胃腸カゼ:勝湿顆粒、麦味参顆粒
・下痢、嘔吐、食あたり、水あたり:勝湿顆粒